銀行キャッシングの特徴は利息が低いこと

キャッシングは消費者金融だけでなく、銀行系や信販系、流通系などの様々な金融機関や業者が行っています。
それぞれに特徴がありますが、金利の低さで比較した場合には、やはり銀行キャッシングが最もおすすめです。
銀行のキャッシングの最も大きな特徴は、利息が非常に低いという点です。
ほとんどの業者は利息制限法の上限に近い金利で融資をしていますが、銀行の場合には自己資金力が強いということもあり、法定利息よりもかなり低い利率での融資を実現しています。また、利用限度額も数百万円単位の上限を設定しているところばかりですので、条件を満たしていればかなり高額の借り入れをすることも可能になっています。
一方で、銀行系のキャッシングは審査に時間がかかることが多いです。これは、保証会社が必ずついてくるためで、保証会社でも別途審査を行うことが大きな原因です。また、両者で審査をするので必然的に審査基準も厳しくなり、消費者金融等では融資がおりたという人でも、銀行のキャッシングは断られたというケースがあります。申し込み手続きはインターネットでできますが、最終的な契約は店頭窓口などで行っていることがほとんどですので、一度は店頭まで出向かなければなりません。しかし、これらのリスクがあっても金利がかなり低くなることで、長期的にキャッシングを利用するほどその利益は大きくなります。できるだけ安く借入をしたいという人は、一度申し込んでみるとよいでしょう。