職業によるキャッシングの比較のポイント

キャッシングには消費者金融や銀行などに利用可能な商品が用意されているのですが、消費者金融のキャッシングの審査は比較的緩いと言われています。
これに対して銀行のキャッシングの審査は比較的厳しいものの、金利面では低金利になっている事からも、返済に含まれる利息を少なくすることが出来ると言った特徴が有ります。

借り易いキャッシングを利用するか、それとも審査が緩い消費者金融にするかと言った選択肢があるわけです。
所で、キャッシングはお金を借りることであり、お金を借りた事で返済義務が生じる事になります。

そのため、審査を行う時には返済能力が有るかどうかを見て申し込みが可能になるのか否かが明確になります。
尚、消費者金融などの場合は、職業の種類に関係なく安定した収入であり、それが継続している場合であれば、学生ならアルバイト、主婦であればパートなどをしている人も申し込みが可能になっています。

また、契約社員や派遣社員など職業の種類に関係なく、収入を持つ成人の人であり、消費者金融が定めている年齢の範囲の中であればお金を借りる事が可能です。
但し、年収に対する規制でもある総量規制が消費者金融には有りますので、年収の3分の1を超える借入を行う事は出来ません。

また、アルバイトやパート、契約社員や派遣社員などの場合は、利用限度額が低くなっているのが特徴です。
尚、一般的なサラリーマンと比較をすると利用限度額は低くなりますが、職業により利用が出来ないと言う事が無いのが特徴と言えます。